バイアグラの服用方法のポイント

お酒の飲み過ぎには気を付けて!

ただし、お酒を飲みすぎると血流が良くなっているのでアルコールが回ってすぐに酔って眠ってしまい性行為のタイミングを逃したり、効きにくくなることがあります。
お酒との併用は完全にNGというわけではありません。
適度な飲酒であれば、アルコールのリラックス効果によって気持ちが楽になって薬の効果が高まる可能性もあります。
また、アルコールの血管拡張作用によっても効果が引き出される可能性もあります。
適度に飲むことがポイントです。
空腹時に飲めば、有効成分のがしっかりと血液中に吸収されるので効果が発揮されます。
逆に食後に服用してしまうと、胃や腸壁に油の膜が張り付いているので、バイアグラの有効成分がこの油の膜を通過できなくなり、血液中に吸収されなくなってしまいます。
するとこのまま便と一緒に薬の有効成分が排出されてしまうので、効果があらわれず、1錠分が無駄になってしまいます。
どうしても食後に飲むしかない場合は、食事の内容を軽めにしてみましょう。
例えばそばや寿司などの油分が少ない食事で腹7分目までに抑えておいて、それから2時間くらいしてから飲むといいです。
これであれば2時間くらいで消化されるので、油膜に邪魔されずに有効成分が吸収され、通常に近い効果が得られます。
最低でも2時間ということなので、できればそれ以上の時間が経ってからのほうがいいです。

バイアグラは服用方法が重要!!お酒の飲み過ぎには気を付けて!空腹時も要注意!